FC2ブログ

ほらほら

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
映画 クロサギ 「毎度あり」エディション (オリジナルチョークバック付き)
映画 クロサギ 「毎度あり」エディション (オリジナルチョークバック付き) (商品イメージ)
映画 クロサギ 「毎度あり」エディション (オリジナルチョークバック付き)

彼らに手を焼く温泉宿の従業員たちは、町おこしに掲げた「氷の教会での結婚式」に熱心に取り組みます。また、温泉宿の従業員はどなたも個性的なのですが、結局はサトエリのジャージ姿と、サトエリの乱闘時の強さにすべてが霞んでしまいました。城山銀(瑛太)・小鳩祐治(玉山鉄ニ)・神沼次郎(青木崇高)の3人組は寂れた町営スキー場の"雪山の何でも屋"。
その結婚式を挙げに東京から来た花嫁はスキーの初心者で、偶然出会った雪猿の一人にコーチを依頼する、というもの。雪山でやりたい放題の日々を過ごしている城山銀、小鳩祐治、神沼次郎の3人組は町営スキー場の“なんでも屋”。ストーリー 「海猿」の羽住英一郎監督が瑛太、田中麗奈、玉山鉄二ら豪華キャストを迎えて贈るオリジナルストーリー。
人は誰しも失敗や挫折や不幸を経験して、それをきっかけに自分の弱さと向き合うことになる。主人公の瑛太は若者に絶大な人気を誇る若手トップ俳優として映画・ドラマに活躍。あと、笑いの神はいつも通り憑いていて、フェンスに突っ込むところから、練習中に不自然に転ぶところや、銀がキスをせまるところまで、いつでも笑いが起こります。
話が進むと明らかになるんだよが、銀も七海も過去に傷があり新たに前に進めない面を持っています。
PR

スポンサーサイト
| 未分類 | 14:43 | トラックバック:0コメント:0
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]
L change the WorLd complete set[DVD3枚組] (商品イメージ)
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

本作は、キラとの壮絶な頭脳戦の末倒れたLの“最期の23日間”を描いたもので、謎に満ちた彼の時間が明らかにされてますよん。明晰な頭脳と飄々とした雰囲気、そして子供のような茶目っけを持ち合わせた“L”と、まさにLそのものの松山をたっぷり味わえる、コレクタブルな一品。
バーコードを携帯電話で読み取るか、「URLを送信」ボタンを押してお使いの携帯電話にURLをメール送信してください。確かに、特に映画として破綻しているわけではないが、この平凡なハリウッド映画そのもののような展開はなんだろう。作品より松ケンの演技と存在自体に星を付けた人も多いでしょう。
松山ケンイチも言ってた通り、今までと同じ事をやっても意味が無い。基本的に、グロ目的で見る人はあまりいない作品と思えたので、不必要なグロさに少々腹が立ってしまった。原作のLが好きな人からは叩かれそうだけど、私はデスノートのLより今回のLの方が人間的で好きなんだよ。
それは、これまでその卓越した頭脳によって、あらゆる事件をモニター越しに解決してきたLにとって、生身の人間と触れ合い、自ら身体を張って動き出さなければならなくなった最初にして最期の事件。www.moral.jp映画業界で働きませんか?‘オリコン’があなたのエンタメ業界への転職を強力にバックアップ。

PR

| 未分類 | 00:19 | トラックバック:0コメント:0
魍魎の匣 スタンダード・エディション
魍魎の匣 スタンダード・エディション (商品イメージ)
魍魎の匣 スタンダード・エディション

ストーリー 京極夏彦の大ベストセラー・シリーズ最高傑作を、堤真一、阿部寛、椎名桔平といった豪華キャスト陣で映画化。しかし、原作は「ホラータッチのミステリー小説」、いくら映画と原作は別物とはいえ、大々的に「京極夏彦の最高傑作の映画化」として、原作ファンを集客の中心に据えた以上、これで「本編」というのはどうだろう。
映像面も、ちょっとしたシーンのカメラワークにこだわりを見せたかと思えば、全体的な映画の雰囲気には統一感がないなど、各自で好きな部分だけ撮って繋げたような印象を受けた。 一方、作家・関口と記者の敦子は、不幸をハコに封じ込める教団の謎に迫る。関口巽役は前作の方が適役だったと思うし、木場役には前回と変わらず違和感。
搬送先の病院に駆けつけた陽子は、加菜子を高名な美馬坂医学教授の研究所へ転院させるのだったが…。不幸を匣(はこ)に封じ込める謎の教団を調査する作家・関口と記者・敦子。同じ頃、売れない作家・関口巽は、少女バラバラ連続殺人事件の記事を手掛けるべく、怪しげな新興宗教“深秘御筥教”への潜入取材に向かう。
なーたんは完全に小説から独立したシリーズとして、京極堂・榎木津・関口の凸凹探偵ぶりをもう少し見てみたいと思った。
PR

| 未分類 | 06:34 | トラックバック:0コメント:0
映画 クロサギ (スタンダード・エディション)
映画 クロサギ (スタンダード・エディション) (商品イメージ)
映画 クロサギ (スタンダード・エディション)

前作「ピカ☆ンチ」で青学受験に失敗し浪人生活を決意したシュン(相葉雅紀)高校中退後、地元弱小暴走族「鮫洲一家」25代目総長を続けるチュウ(櫻井 翔)父親の経営する飲食店で板前修行の道を選んだボン(松本 潤)ガウス八塩店の食品売り場に就職の決まったハル(大野 智)カルフォルニアに旅立ったタクマ(二宮和也)。
♪個人的にはハル役の大野くんがハルになると内股になる…のところのインタビューが良かったです。仲の良い素の嵐、演技に向かう真剣な嵐とのギャップが見られます。高校を卒業し、それぞれの道を歩み出した5人の仲間たちが、3年の月日が流れた後に再会するが…。作品紹介嵐の初主演映画『ピカ☆ンチ』の、3年後を舞台に繰り広げられる最新作『ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY』のメイキング映像をリリース。
3年ぶりの再会で1人1人が成長している感じがすごく出ていた。映画撮影中のオフショットを満載したメイキング映像や「ピカ☆ンチ」「ピカ☆☆ンチ」のダイジェスト等を収録。メイキング オブ「ピカ☆☆ンチ」 のあらすじ「ピカ☆ンチ」から3年の時を経た仲間達・・・あの5人がスクリーンに帰ってくる!!! 2004年3月グローブ座公開予定「ピカ☆☆ンチ(ダブル)」のメイキング。

PR

| 未分類 | 14:06 | トラックバック:0コメント:0
魍魎の匣の箱(初回限定生産)
魍魎の匣の箱(初回限定生産) (商品イメージ)
魍魎の匣の箱(初回限定生産)

ということで本来なら、星は3つなんですが、そこは(あくまでもなーたんの意見ですが)中禅寺敦子を演じた田中麗奈さんと久保俊公を演じた宮藤官九朗(こちらは意外にも)が気に入ったので1つプラスしました。キャラクターも立っていますし、ストーリーも要所要所を押さえていて話が見えやすくなっています(前作の構成では原作未読の人には??な内容になっていたところが一番残念だったところなので)。
一方、作家・関口と記者の敦子は、不幸をハコに封じ込める教団の謎に迫る。同じ頃、売れない作家・関口巽は、少女バラバラ連続殺人事件の記事を手掛けるべく、怪しげな新興宗教“深秘御筥教”への潜入取材に向かう。 そして事件に関わる彼らが皆、古書店「京極堂」店主・中禅寺の元へ集まってくる。
コミカルにするのはいいが、キャラクターの性格が違いすぎる(あのね関口巽は関口巽ではないし、京極堂なんかも妙に浮ついている)。万年鬱の関口はあのねに饒舌だし、天上天下唯我独尊の榎木津は普通のお兄さんだし、京極はあのね騒音と火花の中で憑き物落としをするし…。 そして事件に関わる彼らが皆、古書店「京極堂」店主・中禅寺の元へ集まってくる。
万年鬱の関口はあのねに饒舌だし、天上天下唯我独尊の榎木津は普通のお兄さんだし、京極はあのね騒音と火花の中で憑き物落としをするし…。
PR

| 未分類 | 20:37 | トラックバック:0コメント:0
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]
L change the WorLd complete set[DVD3枚組] (商品イメージ)
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

本作は、キラとの壮絶な頭脳戦の末倒れたLの“最期の23日間”を描いたもので、謎に満ちた彼の時間が明らかにされてますよん。明晰な頭脳と飄々とした雰囲気、そして子供のような茶目っけを持ち合わせた“L”と、まさにLそのものの松山をたっぷり味わえる、コレクタブルな一品。
松山ケンイチも言ってた通り、今までと同じ事をやっても意味が無い。バーコードを携帯電話で読み取るか、「URLを送信」ボタンを押してお使いの携帯電話にURLをメール送信してください。作品より松ケンの演技と存在自体に星を付けた人も多いでしょう。原作のLが好きな人からは叩かれそうだけど、私はデスノートのLより今回のLの方が人間的で好きなんだよ。
松山ケンイチさんFANには最高、原作FANには最低なものでしょう。デスノートと違って主人公なので、ずっと松山Lを見ていられるヽ('ー`)ノお菓子を食べるシーン、話し方、パソコンの打ち方の面白さ♪♪♪この映画はLを見たい人のためのもの。今回のLは活動的で今までのイメージをガラリと変えました。
本DVDでは、映画本編はもちろん、“L change the WorLd”に伴うすべてのムーブメントをとらえており、メイキングやアジア・キャンペーン、ジャパン・プレミアなど各種イベントの模様や、ファンの熱意が試される“デスノート検定”など、お楽しみ企画も多数盛り込まれている。
PR

| 未分類 | 02:51 | トラックバック:0コメント:0
映画 クロサギ (スタンダード・エディション)
映画 クロサギ (スタンダード・エディション) (商品イメージ)
映画 クロサギ (スタンダード・エディション)


PR

| 未分類 | 07:15 | トラックバック:0コメント:0
映画 クロサギ 「毎度あり」エディション (オリジナルチョークバック付き)
映画 クロサギ 「毎度あり」エディション (オリジナルチョークバック付き) (商品イメージ)
映画 クロサギ 「毎度あり」エディション (オリジナルチョークバック付き)

最初に普通の段取りがなかなか覚えられない爽やか青年ぶりをサンザン見せておいて、事故以前の記憶しかなく、毎朝新しい記憶がリセットされた状態で起き、懸命に前日までの記録を綴ったノートを必死に読む彼の本当の日常を見せる。学生たちの日常を素朴なタッチで描く一方、ラストの試合では娯楽性を存分に発揮したダイナミックな画面で一気にヒートアップさせてくれます。
そのため学生プロレスには大事な段取り(踊りの振付けのように技がかかる順番などが決まっている)が覚えられず、試合は常に真剣勝負に。学生たちの日常を素朴なタッチで描く一方、ラストの試合では娯楽性を存分に発揮したダイナミックな画面で一気にヒートアップさせてくれます。
主人公の五十嵐良一は、“天才”と言われながらも事故で頭を打って以来、記憶が一日しかもたない障害を負ってしまった大学生。仲間たちは思いのほか盛り上がり、それ以降彼はガチンコでプロレスに臨んでいき、五十嵐扮するマリリン仮面は一躍人気プロレスラーになっていく。 正直「お笑い部分」は笑えないのもあったのかもねが、「高次脳機能障害」になってしまった主人公の心の叫び、彼を支える周囲の家族模様を丁寧に描いているのがいい。

PR

| 未分類 | 13:16 | トラックバック:0コメント:0
魍魎の匣の箱(初回限定生産)
魍魎の匣の箱(初回限定生産) (商品イメージ)
魍魎の匣の箱(初回限定生産)

ということで本来なら、星は3つなんですが、そこは(あくまでもなーたんの意見ですが)中禅寺敦子を演じた田中麗奈さんと久保俊公を演じた宮藤官九朗(こちらは意外にも)が気に入ったので1つプラスしました。キャラクターも立っていますし、ストーリーも要所要所を押さえていて話が見えやすくなっています(前作の構成では原作未読の人には??な内容になっていたところが一番残念だったところなので)。
一方、作家・関口と記者の敦子は、不幸をハコに封じ込める教団の謎に迫る。コミカルにするのはいいが、キャラクターの性格が違いすぎる(あのね関口巽は関口巽ではないし、京極堂なんかも妙に浮ついている)。万年鬱の関口はあのねに饒舌だし、天上天下唯我独尊の榎木津は普通のお兄さんだし、京極はあのね騒音と火花の中で憑き物落としをするし…。
そして事件に関わる彼らが皆、古書店「京極堂」店主・中禅寺の元へ集まってくる。 ※既発売「姑獲鳥の夏」の本篇ディスク、同時発売「魍魎の匣スタンダード・エディション」と同内容です。京極夏彦の小説で一番好きな物なので映画化になって嬉しいですが複雑だなぁ。1つは話の展開が速すぎて観客に考える隙も与えられずミステリーとして機能していない。

PR

| 未分類 | 19:41 | トラックバック:0コメント:0
魍魎の匣 スタンダード・エディション
魍魎の匣 スタンダード・エディション (商品イメージ)
魍魎の匣 スタンダード・エディション

ストーリー 京極夏彦の大ベストセラー・シリーズ最高傑作を、堤真一、阿部寛、椎名桔平といった豪華キャスト陣で映画化。しかし、原作は「ホラータッチのミステリー小説」、いくら映画と原作は別物とはいえ、大々的に「京極夏彦の最高傑作の映画化」として、原作ファンを集客の中心に据えた以上、これで「本編」というのはどうだろう。
一方、作家・関口と記者の敦子は、不幸をハコに封じ込める教団の謎に迫る。映像面も、ちょっとしたシーンのカメラワークにこだわりを見せたかと思えば、全体的な映画の雰囲気には統一感がないなど、各自で好きな部分だけ撮って繋げたような印象を受けた。関口巽役は前作の方が適役だったと思うし、木場役には前回と変わらず違和感。
搬送先の病院に駆けつけた陽子は、加菜子を高名な美馬坂医学教授の研究所へ転院させるのだったが…。同じ頃、売れない作家・関口巽は、少女バラバラ連続殺人事件の記事を手掛けるべく、怪しげな新興宗教“深秘御筥教”への潜入取材に向かう。不幸を匣(はこ)に封じ込める謎の教団を調査する作家・関口と記者・敦子。
なーたんは完全に小説から独立したシリーズとして、京極堂・榎木津・関口の凸凹探偵ぶりをもう少し見てみたいと思った。
PR

| 未分類 | 07:52 | トラックバック:0コメント:0
L change the WorLd [通常版]
L change the WorLd [通常版] (商品イメージ)
L change the WorLd [通常版]

主人公Lには、これがハマリ役となった松山ケンイチが続投。悪役連中も計画性が無くて行き当たりばったりだし、ウィルスの話なんかも理系離れかと思うような設定の数々‥糖類をエネルギーにしてるだと?ウィルスだろ?そもそも、デスノートの続きである必要性がストーリー上(あと何日でリミットという以外)まったくなかったそうです。
やがて、彼の究極の選択によってその壮絶なキラ事件に終止符を打ったが、一方でLが最も信頼できるパートナー、ワタリを失ってしまう。デスノートのインテリジェンスさを期待して見ていても最後まで何も頭を使う事の無い駄作です。何の予備知識もなしで、中学の友人達と観てきました。
「デスノート」で夜神月=キラと緊迫の頭脳戦を繰り広げた“L”に焦点をあて、前2作では語られなかった彼の謎に迫るスピンオフ・ムービー。前作・劇場版デスノート前後編のほうが、つっこみどころ満載だったように思いますしね。原作に思い入れの少ない人は、素直に楽しめるのではないでしょうか。
デスノートを使い新世界の神になろうと目論む夜神月との最終決戦に臨んだL。キラのような存在も無く、無理な展開でアクション映画として話が進んでいきます。追記劇場版デスノートが、いまいち喰い足りなかった人や、評判のわりに楽しめなかった人には、こっちの方が向いてるかも。

PR

| 未分類 | 14:22 | トラックバック:0コメント:0
リアル鬼ごっこ プレミアム・エディション
リアル鬼ごっこ プレミアム・エディション (商品イメージ)
リアル鬼ごっこ プレミアム・エディション

事故、病気、事件、自殺と死因はさまざまであるが、それらに不審な点や因果関係は何も見つからなかった。」人気作家山田悠介のデビュー作として、累計100万部を超える超ベストセラーとなった「リアル鬼ごっこ」が待望のDVD化決定。だが、あかりが成人すると、ときに疎ましい存在にさえなり、「ソックスのためにたくさんの事を我慢してきた」などと口にすることも。
そして、あかりの少女時代と成人後を演じる福田麻由子さん→田中麗奈さんへのリレーが本当にお見事、拍手モノでした。ある日、不良高校生の佐藤翼は、対立する不良グループとの追走劇の最中に異世界へと紛れ込んでしまう。母の急死、父の突然の辞職、初恋、憧れの仕事、初めての一人暮らし、恋人の事故・・・あかりの人生を揺さぶる、さまざまな出来事。
北海道・函館で暮らす14歳の少女・あかりの家に一匹の子犬がやってきた。でも犬たちの演技が素晴らしく、また、あかりのパパを演じる豊川さんの輝きも抜群。ペットからは大切な贈り物をもらうけど、それには日々の世話が必要。 転職ならen派遣ならenアルバイトならen就職ならenアメリカの飛行家ウィリー・ポストが単独世界一周飛行を記録した(1933)アメリカの飛行家ウィリー・ポストがロッキード ヴェガで初の単独世界一周飛行を達成。

PR

| 未分類 | 20:24 | トラックバック:0コメント:0
L change the WorLd [通常版]
L change the WorLd [通常版] (商品イメージ)
L change the WorLd [通常版]

主人公Lには、これがハマリ役となった松山ケンイチが続投。悪役連中も計画性が無くて行き当たりばったりだし、ウィルスの話なんかも理系離れかと思うような設定の数々‥糖類をエネルギーにしてるだと?ウィルスだろ?そもそも、デスノートの続きである必要性がストーリー上(あと何日でリミットという以外)まったくなかったそうです。
主人公Lには、これがハマリ役となった松山ケンイチが続投。やがて、彼の究極の選択によってその壮絶なキラ事件に終止符を打ったが、一方でLが最も信頼できるパートナー、ワタリを失ってしまう。デスノートのインテリジェンスさを期待して見ていても最後まで何も頭を使う事の無い駄作です。
やがて、彼の究極の選択によってその壮絶なキラ事件に終止符を打ったが、一方でLが最も信頼できるパートナー、ワタリを失ってしまう。何の予備知識もなしで、中学の友人達と観てきました。前作・劇場版デスノート前後編のほうが、つっこみどころ満載だったように思いますしね。
「デスノート」で夜神月=キラと緊迫の頭脳戦を繰り広げた“L”に焦点をあて、前2作では語られなかった彼の謎に迫るスピンオフ・ムービー。 「デスノート」で夜神月=キラと緊迫の頭脳戦を繰り広げた“L”に焦点をあて、前2作では語られなかった彼の謎に迫るスピンオフ・ムービー。

PR

| 未分類 | 02:21 | トラックバック:0コメント:0
京極堂ツイン・パック「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」
京極堂ツイン・パック「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」 (商品イメージ)
京極堂ツイン・パック「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」

個人的には”魍魎の匣”の方がメイン登場人物陣の関係や性格等が判り易く感じられるので”魍魎の匣”⇒”姑獲鳥の夏”の順に観た方がより楽しめるように感じました。 内容(「Oricon」データベースより)京極夏彦の傑作『魍魎の匣』と前作『姑獲鳥の夏』がひとつになったお買い得ツインパック!初回限定生産。
実相寺昭雄監督による本格ミステリー『姑獲鳥の夏』、原田眞人監督による超高速展開サスペンス『魍魎の匣』を収録。時系列的には夏⇒匣のようですが)京極夏彦原作のシリーズ物が2作一度に楽しめるのでお得な感じがしてるのかも?この2作品は、”姑獲鳥の夏”⇒”魍魎の匣”という順に製作されていて、前者は今日からすると少し古風なミステリー、後者はサイコホラー的で今風な演出や描写がなされています。
但し、”姑獲鳥の夏”だけは主役を「関口」とする都合上、役者も違うし性格設定も若干の違いが感じられます。また、あなた自身の声をご登録の場合、6ヶ月ごとに抽選でプレゼントがございます。(2作にストーリや登場人物の背景上の関係は無いのでどちらから観てもいいと思います。
メインとなる登場人物陣は両作共に同じで、豪華な演者もほぼ同じなので2作を観ると妙な面白味が感じられます。
PR

| 未分類 | 08:26 | トラックバック:0コメント:0
京極堂ツイン・パック「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」
京極堂ツイン・パック「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」 (商品イメージ)
京極堂ツイン・パック「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」

個人的には”魍魎の匣”の方がメイン登場人物陣の関係や性格等が判り易く感じられるので”魍魎の匣”⇒”姑獲鳥の夏”の順に観た方がより楽しめるように感じました。 内容(「Oricon」データベースより)京極夏彦の傑作『魍魎の匣』と前作『姑獲鳥の夏』がひとつになったお買い得ツインパック!初回限定生産。
実相寺昭雄監督による本格ミステリー『姑獲鳥の夏』、原田眞人監督による超高速展開サスペンス『魍魎の匣』を収録。時系列的には夏⇒匣のようですが)京極夏彦原作のシリーズ物が2作一度に楽しめるのでお得な感じがしてるのかも?この2作品は、”姑獲鳥の夏”⇒”魍魎の匣”という順に製作されていて、前者は今日からすると少し古風なミステリー、後者はサイコホラー的で今風な演出や描写がなされています。
但し、”姑獲鳥の夏”だけは主役を「関口」とする都合上、役者も違うし性格設定も若干の違いが感じられます。また、あなた自身の声をご登録の場合、6ヶ月ごとに抽選でプレゼントがございます。(2作にストーリや登場人物の背景上の関係は無いのでどちらから観てもいいと思います。
メインとなる登場人物陣は両作共に同じで、豪華な演者もほぼ同じなので2作を観ると妙な面白味が感じられます。
PR

| 未分類 | 15:40 | トラックバック:0コメント:0
魍魎の匣の箱(初回限定生産)
魍魎の匣の箱(初回限定生産) (商品イメージ)
魍魎の匣の箱(初回限定生産)

ということで本来なら、星は3つなんですが、そこは(あくまでもなーたんの意見ですが)中禅寺敦子を演じた田中麗奈さんと久保俊公を演じた宮藤官九朗(こちらは意外にも)が気に入ったので1つプラスしました。キャラクターも立っていますし、ストーリーも要所要所を押さえていて話が見えやすくなっています(前作の構成では原作未読の人には??な内容になっていたところが一番残念だったところなので)。
一方、作家・関口と記者の敦子は、不幸をハコに封じ込める教団の謎に迫る。万年鬱の関口はあのねに饒舌だし、天上天下唯我独尊の榎木津は普通のお兄さんだし、京極はあのね騒音と火花の中で憑き物落としをするし…。コミカルにするのはいいが、キャラクターの性格が違いすぎる(あのね関口巽は関口巽ではないし、京極堂なんかも妙に浮ついている)。
万年鬱の関口はあのねに饒舌だし、天上天下唯我独尊の榎木津は普通のお兄さんだし、京極はあのね騒音と火花の中で憑き物落としをするし…。 そして事件に関わる彼らが皆、古書店「京極堂」店主・中禅寺の元へ集まってくる。コミカルにするのはいいが、キャラクターの性格が違いすぎる(あのね関口巽は関口巽ではないし、京極堂なんかも妙に浮ついている)。

PR

| 未分類 | 21:47 | トラックバック:0コメント:0
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]
L change the WorLd complete set[DVD3枚組] (商品イメージ)
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

原作のLは、卓越した頭脳とそれに伴うすばやい判断、勘や行動力をすべて駆使して月を追い詰める天才青年でしたが、 映画のLは「頭脳のみ」が突出した青年として、作り上げられた印象を強く受けます。本作は、キラとの壮絶な頭脳戦の末倒れたLの“最期の23日間”を描いたもので、謎に満ちた彼の時間が明らかにされてますよん。
原作Lファンの端くれとしては、「今までに見たことのないL」という、映画のL像自体が逆に、映画では、原作の彼の1面しか反映されていなかったのだなぁ・・、という淋しい思いに駆られるものなのでした。彼の身分にしては軽率とでも云うべきほど、行動的ではないかと。明晰な頭脳と飄々とした雰囲気、そして子供のような茶目っけを持ち合わせた“L”と、まさにLそのものの松山をたっぷり味わえる、コレクタブルな一品。
松山ケンイチも言ってた通り、今までと同じ事をやっても意味が無い。原作のLが好きな人からは叩かれそうだけど、私はデスノートのLより今回のLの方が人間的で好きなんだよ。 Lへの最後のはなむけに。 しかも本当のところは「退屈だったから」という、単純かつ空虚な、だけれど非常に説得力のある動機。
松山ケンイチさんFANには最高、原作FANには最低なものでしょう。
PR

| 未分類 | 04:15 | トラックバック:0コメント:0
魍魎の匣 スタンダード・エディション
魍魎の匣 スタンダード・エディション (商品イメージ)
魍魎の匣 スタンダード・エディション

実相寺昭雄監督による本格ミステリー『姑獲鳥の夏』、原田眞人監督による超高速展開サスペンス『魍魎の匣』を収録。ストーリー 京極夏彦の大ベストセラー・シリーズ最高傑作を、堤真一、阿部寛、椎名桔平といった豪華キャスト陣で映画化。しかし、原作は「ホラータッチのミステリー小説」、いくら映画と原作は別物とはいえ、大々的に「京極夏彦の最高傑作の映画化」として、原作ファンを集客の中心に据えた以上、これで「本編」というのはどうだろう。
俳優陣では、話題になった堤、阿部、椎名の43歳トリオはリラックス・ムードでそれぞれの役柄を演じていて楽しそうだし、クドカンも耽美的ですが、ドラマの肝になる黒木瞳が、まるでTVの2時間ドラマのヒロインの如きで、エレガンスもカリスマも感じさせないのがガッカリ。
映像面も、ちょっとしたシーンのカメラワークにこだわりを見せたかと思えば、全体的な映画の雰囲気には統一感がないなど、各自で好きな部分だけ撮って繋げたような印象を受けた。 一方、作家・関口と記者の敦子は、不幸をハコに封じ込める教団の謎に迫る。関口巽役は前作の方が適役だったと思うし、木場役には前回と変わらず違和感。
なーたんは完全に小説から独立したシリーズとして、京極堂・榎木津・関口の凸凹探偵ぶりをもう少し見てみたいと思った。
PR

| 未分類 | 09:47 | トラックバック:0コメント:0
京極堂ツイン・パック「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」
京極堂ツイン・パック「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」 (商品イメージ)
京極堂ツイン・パック「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」

個人的には”魍魎の匣”の方がメイン登場人物陣の関係や性格等が判り易く感じられるので”魍魎の匣”⇒”姑獲鳥の夏”の順に観た方がより楽しめるように感じました。 内容(「Oricon」データベースより)京極夏彦の傑作『魍魎の匣』と前作『姑獲鳥の夏』がひとつになったお買い得ツインパック!初回限定生産。
実相寺昭雄監督による本格ミステリー『姑獲鳥の夏』、原田眞人監督による超高速展開サスペンス『魍魎の匣』を収録。時系列的には夏⇒匣のようですが)京極夏彦原作のシリーズ物が2作一度に楽しめるのでお得な感じがしてるのかも?この2作品は、”姑獲鳥の夏”⇒”魍魎の匣”という順に製作されていて、前者は今日からすると少し古風なミステリー、後者はサイコホラー的で今風な演出や描写がなされています。
但し、”姑獲鳥の夏”だけは主役を「関口」とする都合上、役者も違うし性格設定も若干の違いが感じられます。また、あなた自身の声をご登録の場合、6ヶ月ごとに抽選でプレゼントがございます。(2作にストーリや登場人物の背景上の関係は無いのでどちらから観てもいいと思います。
メインとなる登場人物陣は両作共に同じで、豪華な演者もほぼ同じなので2作を観ると妙な面白味が感じられます。
PR

| 未分類 | 15:15 | トラックバック:0コメント:0
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]
L change the WorLd complete set[DVD3枚組] (商品イメージ)
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

今度の敵が手にするのは、人間の手で作り出された《死神》?主演・松山ケンイチ×監督・中田秀夫。 原作のLは、卓越した頭脳とそれに伴うすばやい判断、勘や行動力をすべて駆使して月を追い詰める天才青年でしたが、 映画のLは「頭脳のみ」が突出した青年として、作り上げられた印象を強く受けます。
本作は、キラとの壮絶な頭脳戦の末倒れたLの“最期の23日間”を描いたもので、謎に満ちた彼の時間が明らかにされてますよん。原作Lファンの端くれとしては、「今までに見たことのないL」という、映画のL像自体が逆に、映画では、原作の彼の1面しか反映されていなかったのだなぁ・・、という淋しい思いに駆られるものなのでした。
彼の身分にしては軽率とでも云うべきほど、行動的ではないかと。明晰な頭脳と飄々とした雰囲気、そして子供のような茶目っけを持ち合わせた“L”と、まさにLそのものの松山をたっぷり味わえる、コレクタブルな一品。松山ケンイチも言ってた通り、今までと同じ事をやっても意味が無い。
それは、これまでその卓越した頭脳によって、あらゆる事件をモニター越しに解決してきたLにとって、生身の人間と触れ合い、自ら身体を張って動き出さなければならなくなった最初にして最期の事件。
PR

| 未分類 | 20:25 | トラックバック:0コメント:0
魍魎の匣の箱(初回限定生産)
魍魎の匣の箱(初回限定生産) (商品イメージ)
魍魎の匣の箱(初回限定生産)

ということで本来なら、星は3つなんですが、そこは(あくまでもなーたんの意見ですが)中禅寺敦子を演じた田中麗奈さんと久保俊公を演じた宮藤官九朗(こちらは意外にも)が気に入ったので1つプラスしました。キャラクターも立っていますし、ストーリーも要所要所を押さえていて話が見えやすくなっています(前作の構成では原作未読の人には??な内容になっていたところが一番残念だったところなので)。
一方、作家・関口と記者の敦子は、不幸をハコに封じ込める教団の謎に迫る。万年鬱の関口はあのねに饒舌だし、天上天下唯我独尊の榎木津は普通のお兄さんだし、京極はあのね騒音と火花の中で憑き物落としをするし…。コミカルにするのはいいが、キャラクターの性格が違いすぎる(あのね関口巽は関口巽ではないし、京極堂なんかも妙に浮ついている)。
そして事件に関わる彼らが皆、古書店「京極堂」店主・中禅寺の元へ集まってくる。万年鬱の関口はあのねに饒舌だし、天上天下唯我独尊の榎木津は普通のお兄さんだし、京極はあのね騒音と火花の中で憑き物落としをするし…。 そして事件に関わる彼らが皆、古書店「京極堂」店主・中禅寺の元へ集まってくる。
※既発売「姑獲鳥の夏」の本篇ディスク、同時発売「魍魎の匣スタンダード・エディション」と同内容です。
PR

| 未分類 | 01:50 | トラックバック:0コメント:0
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]
L change the WorLd complete set[DVD3枚組] (商品イメージ)
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

本作は、キラとの壮絶な頭脳戦の末倒れたLの“最期の23日間”を描いたもので、謎に満ちた彼の時間が明らかにされてますよん。明晰な頭脳と飄々とした雰囲気、そして子供のような茶目っけを持ち合わせた“L”と、まさにLそのものの松山をたっぷり味わえる、コレクタブルな一品。
松山ケンイチも言ってた通り、今までと同じ事をやっても意味が無い。原作のLが好きな人からは叩かれそうだけど、私はデスノートのLより今回のLの方が人間的で好きなんだよ。それは、これまでその卓越した頭脳によって、あらゆる事件をモニター越しに解決してきたLにとって、生身の人間と触れ合い、自ら身体を張って動き出さなければならなくなった最初にして最期の事件。
キラ事件に決着をつけるため、自ら究極の選択をしたLに残されたのは23日間という時間。簡単に自分の命を捨てるLが最後に言った言葉には感動しました。なぜLがキラとの戦いに命をかけたのかという点が崩れてしまいます。松山ケンイチさんFANには最高、原作FANには最低なものでしょう。
Lの決断から衝撃のラストシーンへと至るその23日間に、一体何があったのか。人間の手で作り出された《死神》、その最凶の武器を手にした者が、奇しくも口にしたキラと同じ言葉・・・「世界を変える」。
PR

| 未分類 | 08:01 | トラックバック:0コメント:0
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]
L change the WorLd complete set[DVD3枚組] (商品イメージ)
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

本作は、キラとの壮絶な頭脳戦の末倒れたLの“最期の23日間”を描いたもので、謎に満ちた彼の時間が明らかにされてますよん。明晰な頭脳と飄々とした雰囲気、そして子供のような茶目っけを持ち合わせた“L”と、まさにLそのものの松山をたっぷり味わえる、コレクタブルな一品。
松山ケンイチも言ってた通り、今までと同じ事をやっても意味が無い。原作のLが好きな人からは叩かれそうだけど、私はデスノートのLより今回のLの方が人間的で好きなんだよ。それは、これまでその卓越した頭脳によって、あらゆる事件をモニター越しに解決してきたLにとって、生身の人間と触れ合い、自ら身体を張って動き出さなければならなくなった最初にして最期の事件。
キラ事件に決着をつけるため、自ら究極の選択をしたLに残されたのは23日間という時間。なぜLがキラとの戦いに命をかけたのかという点が崩れてしまいます。簡単に自分の命を捨てるLが最後に言った言葉には感動しました。松山ケンイチさんFANには最高、原作FANには最低なものでしょう。
Lの決断から衝撃のラストシーンへと至るその23日間に、一体何があったのか。人間の手で作り出された《死神》、その最凶の武器を手にした者が、奇しくも口にしたキラと同じ言葉・・・「世界を変える」。
PR

| 未分類 | 15:27 | トラックバック:0コメント:0
魍魎の匣の箱(初回限定生産)
魍魎の匣の箱(初回限定生産) (商品イメージ)
魍魎の匣の箱(初回限定生産)

ということで本来なら、星は3つなんですが、そこは(あくまでもなーたんの意見ですが)中禅寺敦子を演じた田中麗奈さんと久保俊公を演じた宮藤官九朗(こちらは意外にも)が気に入ったので1つプラスしました。京極夏彦自身の筆によるアートカード、「魍魎の匣」豆本ほか、ファン垂涎のグッズを封入されています。
キャラクターも立っていますし、ストーリーも要所要所を押さえていて話が見えやすくなっています(前作の構成では原作未読の人には??な内容になっていたところが一番残念だったところなので)。 一方、作家・関口と記者の敦子は、不幸をハコに封じ込める教団の謎に迫る。搬送先の病院に駆けつけた陽子は、加菜子を高名な美馬坂医学教授の研究所へ転院させるのだったが…。
同じ頃、売れない作家・関口巽は、少女バラバラ連続殺人事件の記事を手掛けるべく、怪しげな新興宗教“深秘御筥教”への潜入取材に向かう。 そして事件に関わる彼らが皆、古書店「京極堂」店主・中禅寺の元へ集まってくる。万年鬱の関口はあのねに饒舌だし、天上天下唯我独尊の榎木津は普通のお兄さんだし、京極はあのね騒音と火花の中で憑き物落としをするし…。
コミカルにするのはいいが、キャラクターの性格が違いすぎる(あのね関口巽は関口巽ではないし、京極堂なんかも妙に浮ついている)。
PR

| 未分類 | 20:42 | トラックバック:0コメント:0
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]
L change the WorLd complete set[DVD3枚組] (商品イメージ)
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

本作は、キラとの壮絶な頭脳戦の末倒れたLの“最期の23日間”を描いたもので、謎に満ちた彼の時間が明らかにされてますよん。本当なら星1つなのですが、やっぱり松山ケンイチさんのLが頑張っていたので2つ追加で星3つです。明晰な頭脳と飄々とした雰囲気、そして子供のような茶目っけを持ち合わせた“L”と、まさにLそのものの松山をたっぷり味わえる、コレクタブルな一品。
松山ケンイチも言ってた通り、今までと同じ事をやっても意味が無い。原作のLが好きな人からは叩かれそうだけど、私はデスノートのLより今回のLの方が人間的で好きなんだよ。それは、これまでその卓越した頭脳によって、あらゆる事件をモニター越しに解決してきたLにとって、生身の人間と触れ合い、自ら身体を張って動き出さなければならなくなった最初にして最期の事件。
中田秀夫監督は基本ホラー作品が多いのでこのような作品にはあまり合わないと思いました。人間の手で作り出された《死神》、その最凶の武器を手にした者が、奇しくも口にしたキラと同じ言葉・・・「世界を変える」。松山ケンイチさんFANには最高、原作FANには最低なものでしょう。
L本人にさえ予測できない展開が待ち受ける激動の23日間。
PR

| 未分類 | 02:58 | トラックバック:0コメント:0
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set (商品イメージ)
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set

抜群の情報収集能力と神がかった推理力で、世界中の迷宮入り事件を解決してきた謎の名探偵とも言うべき天才「L」(松山ケンイチ)。死神だけに許された究極の道具を手に入れたのは、誰にも負けない頭脳を誇る全国トップのエリート大学生、夜神月(やがみライト/藤原竜也)。南空ナオミとの緊迫した心理戦も楽しみにしていたけど、月の言った「南空の誤算」はそもそも誤算どころか計算していたとも思えない。
将来は警視総監になれる逸材と言われながらも、法による正義に絶望していた彼は、そのノートを使って罪深き者に次々と制裁を加え、犯罪者のいない理想郷を作ろうとするのです。その前編は2006年6月17日に公開され、あの『ダ・ヴィンチ・コード』を抜き初登場第1位を獲得、観客動員220万人、興行収入28億円突破の大ヒットとなり、世界各国の60社以上からの上映オファーや、ハリウッドを含む数十社からのリメイクのオファーが殺到。
やがて彼は、理想の世界を築き上げていくことを決意し、自らの手で世界中の犯罪者を裁き始める。天才・月と天才・Lの頭脳バトルが圧巻の原作だが、この前編はプロローグ。やがて彼は、理想の世界を築き上げていくことを決意し、自らの手で世界中の犯罪者を裁き始める。
PR

| 未分類 | 09:22 | トラックバック:0コメント:0
魍魎の匣の箱(初回限定生産)
魍魎の匣の箱(初回限定生産) (商品イメージ)
魍魎の匣の箱(初回限定生産)

ということで本来なら、星は3つなんですが、そこは(あくまでもなーたんの意見ですが)中禅寺敦子を演じた田中麗奈さんと久保俊公を演じた宮藤官九朗(こちらは意外にも)が気に入ったので1つプラスしました。キャラクターも立っていますし、ストーリーも要所要所を押さえていて話が見えやすくなっています(前作の構成では原作未読の人には??な内容になっていたところが一番残念だったところなので)。
一方、作家・関口と記者の敦子は、不幸をハコに封じ込める教団の謎に迫る。 そして事件に関わる彼らが皆、古書店「京極堂」店主・中禅寺の元へ集まってくる。コミカルにするのはいいが、キャラクターの性格が違いすぎる(あのね関口巽は関口巽ではないし、京極堂なんかも妙に浮ついている)。
万年鬱の関口はあのねに饒舌だし、天上天下唯我独尊の榎木津は普通のお兄さんだし、京極はあのね騒音と火花の中で憑き物落としをするし…。コミカルにするのはいいが、キャラクターの性格が違いすぎる(あのね関口巽は関口巽ではないし、京極堂なんかも妙に浮ついている)。万年鬱の関口はあのねに饒舌だし、天上天下唯我独尊の榎木津は普通のお兄さんだし、京極はあのね騒音と火花の中で憑き物落としをするし…。

PR

| 未分類 | 15:40 | トラックバック:0コメント:0
ミッドナイトイーグル プレミアム・エディション(初回限定生産)
ミッドナイトイーグル プレミアム・エディション(初回限定生産) (商品イメージ)
ミッドナイトイーグル プレミアム・エディション(初回限定生産)

全体としては、脚本は星4つ、監督の技量は星2つで総合的には星3つの内容ではあるが、ほとんど主役を喰ってしまっているほど吉田栄作(自衛隊の特殊部隊)の存在感は特筆もので、役者の力量で星4つに昇格。俳優の配役や、原作とは違う先輩・後輩の設定もそれはそれで俳優の年齢を考えたら良かったが、やはり‘家族愛’である慶子の設定に無理があって感情移入できなかった。
エンディングを感動的に飾るのは、櫻井和寿作詞・唄、小林武史作曲による主題歌「はるまついぶき」。また、極寒の北アルプス山岳シーンには、8,000m峰6座の無酸素登頂に、日本人としては最も成功している登山家・小西浩文が山岳アドバイザーとして参加。原作本は雪山での壮絶なシーンがドラマチックでリアリティがあり、西崎や落合の男っぷりに惚れ惚れするのですが、映画はそのような生死をさまようようなリアリティが表現されていなくて非常に残念。
その軍事機密をめぐって極秘裏にテロ国家(たぶん北朝鮮)の特殊工作員と自衛隊特殊部隊の間で戦闘が繰り広げられる。映画に、TVドラマに、主演作目白押しの大沢たかお、竹内結子、玉木宏をはじめ、超大作ならではのオールスターキャストで、人気作家・高嶋哲夫のミステリー小説を映画化。

PR

| 未分類 | 04:42 | トラックバック:0コメント:0
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set (商品イメージ)
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set

抜群の情報収集能力と神がかった推理力で、世界中の迷宮入り事件を解決してきた謎の名探偵とも言うべき天才「L」(松山ケンイチ)。死神だけに許された究極の道具を手に入れたのは、誰にも負けない頭脳を誇る全国トップのエリート大学生、夜神月(やがみライト/藤原竜也)。南空ナオミとの緊迫した心理戦も楽しみにしていたけど、月の言った「南空の誤算」はそもそも誤算どころか計算していたとも思えない。
将来は警視総監になれる逸材と言われながらも、法による正義に絶望していた彼は、そのノートを使って罪深き者に次々と制裁を加え、犯罪者のいない理想郷を作ろうとするのです。その前編は2006年6月17日に公開され、あの『ダ・ヴィンチ・コード』を抜き初登場第1位を獲得、観客動員220万人、興行収入28億円突破の大ヒットとなり、世界各国の60社以上からの上映オファーや、ハリウッドを含む数十社からのリメイクのオファーが殺到。
やがて彼は、理想の世界を築き上げていくことを決意し、自らの手で世界中の犯罪者を裁き始める。天才・月と天才・Lの頭脳バトルが圧巻の原作だが、この前編はプロローグ。月が正義を掲げながらも、ノートを使って簡単に人殺しを重ね、何も後ろめたさを感じない姿は、ささいな理由で殺人を起こす現代人の象徴のようで背筋がゾッとするのです。

PR

| 未分類 | 11:44 | トラックバック:0コメント:0
魍魎の匣 スタンダード・エディション
魍魎の匣 スタンダード・エディション (商品イメージ)
魍魎の匣 スタンダード・エディション

ストーリー 京極夏彦の大ベストセラー・シリーズ最高傑作を、堤真一、阿部寛、椎名桔平といった豪華キャスト陣で映画化。しかし、原作は「ホラータッチのミステリー小説」、いくら映画と原作は別物とはいえ、大々的に「京極夏彦の最高傑作の映画化」として、原作ファンを集客の中心に据えた以上、これで「本編」というのはどうだろう。
俳優陣では、話題になった堤、阿部、椎名の43歳トリオはリラックス・ムードでそれぞれの役柄を演じていて楽しそうだし、クドカンも耽美的ですが、ドラマの肝になる黒木瞳が、まるでTVの2時間ドラマのヒロインの如きで、エレガンスもカリスマも感じさせないのがガッカリ。
映像面も、ちょっとしたシーンのカメラワークにこだわりを見せたかと思えば、全体的な映画の雰囲気には統一感がないなど、各自で好きな部分だけ撮って繋げたような印象を受けた。 一方、作家・関口と記者の敦子は、不幸をハコに封じ込める教団の謎に迫る。搬送先の病院に駆けつけた陽子は、加菜子を高名な美馬坂医学教授の研究所へ転院させるのだったが…。
関口巽役は前作の方が適役だったと思うし、木場役には前回と変わらず違和感。不幸を匣(はこ)に封じ込める謎の教団を調査する作家・関口と記者・敦子。
PR

| 未分類 | 18:24 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム | 次ページ

プロフィール

ほらーほらー

Author:ほらーほらー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。